レッスンログ Vol.16 〈11月12日〉

コンサートまで、残り1ヶ月をきりました。

毎週のレッスンにも熱が入りますね!

ひばり・ひよこ両クラス、そしてPlay Inの仕上がりも

だんだんと見えてきて、とてもたのしみです☆


11月12日のレッスンログです。

〈ひばりクラス〉


本番の立ち位置で並んで歌ってみました。

前に立つ私の位置からだと、

弧を描いた一列の並びは、いつもの二列よりも

声のボリューム、響きの良さを感じることができます。

歌う側もかなり両隣を意識出来たのではないでしょうか?^^


限られた30分のレッスンの中で、注意するポイントを

交えながら歌い込んでいますが、集中力、それから実践共に

大変立派です!


「ふるさと」は久しぶりに歌いましたが、とてものびのびと

表現豊かに歌えていましたね。

「きみのこえ」は、もともと合唱楽曲ではないので、

節が歌いづらい箇所がありますが、音のうつりかわりを丁寧に、

そして、タンタ タンタ タンタ・・・

の、跳ねるようなリズムを楽しみながら歌いましょう。


「夢の世界を」は、あと一歩ですね!

自信をつけるために、何度も歌うことが一番の近道です。

アルトのパートを↓に再UPしておきますので、

車での移動時間など、聞いて覚えてみてくださいね。^^

ソプラノさんは、何があってもつられることがないよう

これまた自信をもって歌いましょう☆彡


来週はクリスマスの曲の音とりに入ります。



〈ひよこクラス〉


2歳の子達も混ざって賑やかで可愛いひと時になりましたね!

下の子が隣にいることで、お姉ちゃんはいつも以上にお姉さんらしく

立派にレッスンに取り組んでいて、その姿にとっても感心しました☆


さらに、この日は小さな生徒たち全員、そのひとりひとりに

とても大きな成長を感じる場面が多々あり

この「積み重ね」の大きさを実感し、私一人感動しておりました。涙。


お歌も良い声がでるようになってきました。

生き生きとした良い表情ですね!来週は

昨日は合奏に重点を置き、「きらきらぼし」のパート分けを

しましたが、4つのリズムパターン、それぞれを

全員がしっかり理解できていたこと、本当に素晴らしいですね。

前述のとおり、その軌跡に感動・・(くりかえし)


4歳、5歳の子供たちが「これできる!」という自信が芽生えたこと

まだやったことなくても「やりたい!」と思えること

その気持ちを大事にしていきましょう。


トライアングル

カスタネット

タンバリン

マラカス


の4つの楽器に別れますが、リズムは最初から最後まで

1小節のくりかえし、ただ入るところ、抜けるところが

違うだけ、です。

パートを決めて、楽譜をお配りし、楽器を貸出しました。

音源を皆さんに共有しますので、どうぞおうちで練習してみてくださいね!


来週はクリスマスの歌、そしてこの合奏、をします。






KANADE Japanese Choir Auckland

声を合わせて歌うこと、それは心を通わせ音を紡ぎだすこと。 美しい音楽にのせた言葉は  大人になっても 心に生き続ける。