レッスンログ Vol.19 〈12月3日〉

師も走るほど、年の瀬は忙しい。

とは良く言ったもので、

コンサートを目前に、普段使わないような脳内の細胞をフルに使い

あれも必要、これもしなきゃ、と

駆けずり回っている私です。(笑)


すこしおちつけ!とは思うのですが

今日でコンサートまで1週間を切ったと思うと

高揚感(という名の緊張感)でいっぱいです。^^


さて、12月3日のレッスンログです。

〈ひばりクラス+ひよこクラス〉


昨日はいよいよ、仕上げに入りました。


まずはひばりクラス。

細かいテコ入れにも、しっかり食いついてきて

見事に表現をしてみせるひばりクラスの成長は

本当に本当にめざましく、

この半年間の軌跡の素晴らしさを私の心に焼き付けてくれます。

生きてて良かった、とまで思いました。昨日。

(大げさじゃなく、本当に)


レッスン中に言った言葉ですが

「とにかくフォルテを意識すること。」

初めてのコンサート、きっと萎縮もするし

歌ううちに疲れてきてしまうこともあるでしょう。

緊張で歌詞が飛ぶことだってあると思います。

気をつけていないと、声はどんどん小さくなってしまうのが

子供たちです。

だからこそ、フォルテがどこにあるか、それだけでも

意識できれば、「ああ、ここ大きく歌うんだった」と

歌声の息吹が復活します。


ひばりクラスのお姉さんたちと、初めて一緒に

合同の曲を歌ったひよこクラスの子供たち。

年の離れた子供たちの声がしっかり混ざって

元気な良い声を聞かせてくれましたね。

「お姉さんたち、上手だったー」と後で話してくれました。

お互いにとって良い刺激となり、

充実した通し練習になりました。


ひよこクラスの合奏、それぞれが本当によく頑張っています。

昨日あれだけ集中できたこと、たくさんほめてあげてください!

「○○ちゃん、すごいよ!上手だよ!!お母さん嬉しくなったよ!」

その言葉がひよこクラスの子供たちには何よりの栄養です。


コンサートまで、残り1週間をきりました。

45分間のプログラム、緊張感と集中力を保ち続けるのは

どんなに大変なことか、よくわかっています。

しかし、1曲終わるごとに感じる充実感や様々な思い、

子供たちにとって、我々大人にとっても、

「ああ、この時間がずっと終わらなければいい」と

思えるような演奏会に、きっとなる、と確信しています。


頑張った大きさと同じだけ、感動や充実感が返ってきます。

それが音楽です。

残り数日、最高に楽しいと思える音楽を本番で奏でられるよう

これまでに習ったことをおさらいしてみてください。








KANADE Japanese Choir Auckland

声を合わせて歌うこと、それは心を通わせ音を紡ぎだすこと。 美しい音楽にのせた言葉は  大人になっても 心に生き続ける。