レッスンログ 2月18日

雨が続いた一週間でしたね!

KANADEを始めるまでは特に気にしていなかったのですが、

土曜日は運良く晴れてくれることが多いので助かっています。^^

強風は相変わらずなので、会場到着時にはゴーゴンのように

なってることもしばしばですが・・・


さて、レッスンログです♪

〈ひばりクラス〉


レッスンを重ねるごとに力をメキメキとつけてきている・・・と

ログでも何十回と書いてきているのですが、

しつこくも書きます。この伸びしろは凄いな・・・!と。


去年はまだ、レッスン時に子供達と一緒に歌っていても

私の声の方が大きく響いたのですが

昨日はもう完全に私の声量を上回る音量を

しかも楽音で(がなりたてたりしない、音楽的な音のこと)

歌い上げることができていました。


ユニゾンでの発表なら、もう怖いものがない。

といったひばりクラスですが、二部合唱への道は

まだまだ険しく、本人達もその難しさに対峙し、自覚しながら

己を磨いていっています。一人一人の志がどんどん高くなって

いっていることにも、成長を感じます。


「翼をください」の二部合唱、美しく歌い上げられるようにしたいですね。

ひばりクラスの、「これ得意!」というレパートリーのひとつに

なって欲しいと思います。

新曲「大空賛歌」に入りました。明快な歌詞で、朗らかに明るい

とても有名な合唱曲。気持ちよく歌いましょう。


夏という季節に合わせて選んだ歌の数々は

「空」「青」「つばさ(はね)」「飛びたい」「白い雲」

など、爽やかな青春を感じる曲が多いです。

来月からは、秋のセンチメンタルな情景を歌ってみましょうね。



〈ひよこ①〉


ひよこ一期生が今歌っている、

♪ぼくのだいすきな クラーリネット・・・

先週のレッスンでは写真を見ながらどんな楽器か学びましたが

昨日はなんと!実物の「クラリネット」を見せていただきました!!!!

わーーーーパチパチパチ!


一期生の生徒さんのお母様が学生の頃に大事に使っていたクラリネット。

子供達のためになるなら喜んで持っていきます、と温かいお申し出をいただいたのです。^^

目の前に突然現れた本物のクラリネットに、子供達は釘付け!!


黒い木を削ってできていること、たくさんのキラキラした銀の金具がついてること、

そして吹くところには薄い竹を挟ませること、あたたかいポーっという音が出ること、


知らなかったことがたーくさん頭と目と耳に同時にとびこんできて

子供達に新しく、鮮やかな世界がパーっと広がっていきました。


もう彼らにとって「クラリネット」は、ただの歌の歌詞ではなくなりました。

こうして、五感をフルに使って入る情報は一生忘れることがありません。

この歌を歌うたびに「クラリネット、すごかったねぇ!かっこよかったねぇ!」と

子供達は笑顔で思い出してくれると思います。

貴重な機会をありがとうございました!!!^^


あいにく、ホルン(私の専門)が出てくる歌がないもので

どうやら見せる機会がなさそうですが・・・

ホルンにも誰か興味を持ってくれたら・・・うれしいです。(笑)


さて、セオリーでは

音符の名前について2週間触れましたが、やはり一旦ペースを戻し

もう少し「たん、うん、た、う、たーあー」など拍の読みを練習していきましょう。

確実に身に付けることで自信をつけて、その次のステップである

鍵盤へのチャレンジを十分に楽しめるようにしましょうね!


来週は「クラリネットこわしちゃった」を

3番までしっかり歌えるように仕上げて、

季節の歌を歌います。^^



〈ひよこ②〉


新しいお友達も加わり、ますます明るく朗らかな

ひよこ二期生クラス。

皆さんの弟さん、妹さんも混ざりながら、身体中で

めいっぱい音楽を感じてくれましたね!^^

とても良い雰囲気で30分間を集中できました。


「ドレミの歌」の序盤にはすっかり慣れてきたようで

一人一人の声も、だんだんと大きくなってきました。^^

次のステップです。♪さあ うたいましょう~!

の後を覚えて、一曲を完成させていきましょう。


一人で家で口ずさむのと、皆で一緒に歌うのとでは

これまでと勝手が違い、ちょっと緊張したり、うまく声が出てこなかったり・・・。

それは、このレッスンにくるようになり「楽音を意識するようになった」

という成長、一番始めの一歩です。


ピアノが鳴る、先生が歌う、それに合わせて歌うことで

自己流だった歌いまわしが「正しい音」へ向けて整ってきます。

そして、練習を重ねることでブレていたピントがだんだんと合ってくる。

わたしできた!できる!という自信が、向上心へとつながっていきます。^^


この段階で、一番必要なことは「歌詞がしっかり入っていること」です。

「うたのほん」には歌詞がありますので、わからなくなったら確認して、

おうちで、車の中で、歩きながら、お母さんと一緒に歌いましょう☆彡

KANADEに通い始めて、これまでよりも家の中に歌が増えたな、と感じられれば

いいな、と思っています。歌は皆を笑顔にします。^^


来週も元気いっぱい、音楽しましょうね!














KANADE Japanese Choir Auckland

声を合わせて歌うこと、それは心を通わせ音を紡ぎだすこと。 美しい音楽にのせた言葉は  大人になっても 心に生き続ける。