いよいよ開講!レッスン第一回目は・・・

6月4日土曜日。


KANADE Japanese Choir Aucklandを立ち上げると公示して

約一ヶ月後、こうして開講にまで無事至ったこと

本当にホッと胸をなで下ろすような、そして

これから頑張ろう!という希望に満ちた気持ちで

迎えたこの日。



冬の晴れ間がキラキラと輝き、新しいスタートにふさわしい

絶好の日になりました!


ひばりクラスは12名、ひよこクラスは4名、

新しい習い事にまだ緊張の面持ちの子供達でしたが、

元気いっぱいの歌声と好奇心に満ちた眼差しは、

私にたくさんエナジーを分けてくれました☆彡



この日のachievementは、「音階を覚えよう」ということで

イタリア語音階(ドレミ)、英語音階(CDE)を学び

ドレミの羅列を繰り返すことで音階の進行に慣れていく

最初のステップでした。


もともと音階を知っていた子も、こちらではCDEで習うので

ドレミで歌唱することはとても新鮮に感じたことと思います。


音階歌唱は、CDEだと「イ音」シィー、ディー、イー、ジーなどが

多く含まれてしまい歌には向きませんので

KANADEでは音階歌唱にイタリア音階を使います。


ドレミファソーラファミ・レ・ドー♪

というあのフレーズ、どこかで聞いたことあるなと感じた人も

いたかもしれませんが、あれは

フンパーディンク作曲のオペラ「ヘンゼルとグレーテル」の中の

一節です。

レッスンの中でも積極的にクラシック音楽を取り込み

子供達の「あ、聞いたことある!」という感覚を増やすことも

とても大事だと考えています。


メインの歌は「ドレミの歌」でした。

この歌は知っていたけど映画「サウンドオブミュージック」に出てくる

とまでは知らなかった、という子もいましたね。

DVDのジャケットをみて、「へぇ~」という顔をした子供たち。

好奇心いっぱいの瞳が、先生は大好物です(笑)


初めて聞いた子、聞いたことあるけど歌ったことはなかった子、

さまざまだと思いますが、こうして本気で「ドレミの歌」を歌ったことは

きっと皆初めてだったのではないでしょうか?^^


本気=楽しい!

という気持ちが生まれるのはとても尊いことです。

その成長を見逃さないように、日々真剣に指導していこうと

改めて感じた一日でした。


これからもたくさんの音楽が子供達を包んでいきます。

お渡しした「歌のファイル」に一つずつ増えていく楽譜が

皆のレパートリーになっていきます。


とても楽しみですね!

KANADE Japanese Choir Auckland

声を合わせて歌うこと、それは心を通わせ音を紡ぎだすこと。 美しい音楽にのせた言葉は  大人になっても 心に生き続ける。