レッスンログ 3月18日

先週は悪天候のため休講としましたので

二週間ぶりのレッスンとなりました。

冠水、浸水被害も多く出た今回の大雨でしたが

KANADEの皆さんのおうちに大きな被害がなかったとのことで

ひとまずホッと一安心です。^^


さて、3月18日のレッスンログです。

〈ひばりクラス〉


一週空いたせいか、いつもよりも声が出づらかったようですね。^^

歌声を奏でる楽器は他でもない、「個々の身体」ですので

継続して鳴らさない限りは音が出づらいのは当然のこと。

昨日身体が「声を出す」ことを思い出してきたと思うので

来週はもっとのびのびと美しい声が聞けるはずです。^^


喋る声帯と、歌う声帯は別物です。

普段使わない場所を振動させて出すう「歌声」。

まだ成鳥になったばかりのホトトギスもあの美しい「ホーホケキョ」が

できるようになるまで、「ホケ・・」とか「ホーケッケッケ・・・」とか

思わず、頑張れ・・・!と応援したくなるような、そんな毎日の練習を重ねているのを

ご存知だと思います。


ひばりクラスの子達は毎週一回たった45分のレッスンで

歌声の声帯をしっかりストレッチし、のびのびした歌声をさらに向上させ

音程もかなりよくなってきています。

二重唱としてはまだ慣れが必要ですが、ユニゾンでは立派な響きを

聴かせてくれて、ホトトギスもびっくりの成長具合です!


せっかく一年近く大事に大事に磨き、育ててきたこの歌声を

余すことなく、レッスンで、本番で、発揮してもらいたいと

私はもちろん、保護者の皆さんも心から思っていらっしゃると思います。

そのために必要なことは、

「自宅でレッスンのように100%ボイスで歌を練習すること」・・・・

が、出来る環境であればそれに越したことはないのでしょうが、

そうじゃなくて全然問題なしです。大切なのは、

「自宅で歌詞をしっかり入れてくること」です。


これができれば、週1回、45分のレッスンはもっともっと花開きます。

歌えるだけの力がついているのです。あとはその、詞がでてくるだけです!^^


特別に練習時間を割かなくてはいけないことはありません。

これは、前述のように100%ボイスの練習体制でなくてもできることです。


歌詞を頭に入れる、というよりは歌詞がスムーズに口からでてくるようにする。

じゃあどうすればいいかな。と考えると、


かなり読み書きができる子であれば、目で追い、耳で聴く、ことで

相乗効果であっという間に入っていきます。


日本語の読み書きがそこまで追いつかなくても、問題ありません。

音源を有効に活用し、車での移動時間に鳴らしながら一緒に歌って学校にいく。帰る。

昼間、おやつの時間に音源かけてみる。口ずさむ。

それだけで十分入ります。ひよこクラスの子達は歌詞を読みませんが

あっという間に歌詞を覚えて歌います。

とにかく、聴く。聴く。聴く。気が向けば口ずさむ、でも十分いい練習です。^^


音楽は人の心を支え、豊かにし、色鮮やかな世界へつなぎます。

詞はその音楽に意味や意思、魂を込めて伝えたい何かが入っています。


これから生きる中での思春期の挫折や苦しみ、それを越えていく過程で

歌っている時間が慰めになることもあるでしょう。

ときに周りと人を比べて、自分に何があるんだろう、と自問することも

あるかもしれません。そんな時に、

ああ、私には歌があったな。と思える日がくるのかもしれません。

その時初めて響く歌詞もあるでしょう。


ひばりクラスは3週後に本番を控えています。

ああ、やっぱり歌っていいなぁ。好きだなぁ。と子供たちが思ってくれたら

それは私にとって何よりの幸せです。




〈ひよこ①〉


ひよこ一期生の成長っぷりが眩しい今日このごろです!!!(☆∀☆)

繰り返しおこなっているリトミックの動きが、聴く力が備わったことによって

もっともっと自信が出てきたのが見て取れます。


今年から導入した「ハローハロー」の発声練習では

一緒に手の動きをつけました。これには、

1.音程の高低をしっかり理解する

2. 手の動きに合わせて声を高く、低く出す、身体(声帯)の準備ができる

という狙いがあります。

とっても簡単で良い音感練習になりますので、

おうちでも遊びながら手をつけてハローハロー♪してみてくださいね!^^


歌声を作る、というと漠然としていますが、どういう過程で作っていくか

簡単に説明してみたいと思います。

例えばですが、「木の彫刻を作る工程」と「歌声を作る過程」

とてもよく似ています。


①最初は無骨な木の塊(大きく声を出させる、躊躇なく声帯を振動させる)

     ↓

②削ってラフなフォルムを作る(音程の高低を把握させる、音を狙わせる)

     ↓

③もっと細部を削って全体の形を作る(どう声を出せばよく響くか、コツをつかませる)

     ↓

④やすりをかけて仕上げる(曲のイメージをくみ、フレーズ感をもって歌い上げる)


今、一期生の目指しているところは、上記で言うところの

①の後半~②のあたりですね。

とてもよくできていると思います!^^着実に積み重ねが花開いているのを感じます。

ひよこ①クラスは11月のコンサートで主に旋律を美しく歌い上げる

大役を果たすことになります。一歩一歩力をつけていきましょう!


さて、リズム練習では「楽譜鉄道・ト音記号くん」をやりましたね。

特に男の子は、この「ト音記号くん」をおうちで遊んでくれたようで

あーー作って良かった・゜・(ノД`)・゜・とむせび泣いています。(笑)

今はとにかくカードを組み合わせてピッタリと車両に載せる楽しみ、

が一番だと思いますが、そのうち慣れてくると

同じ長さのカードに着目してくると思います。

その段階にきたらチャンスです!!!音符と休符の長さについて

頭の中で何かが結びつくようになります。

遊びを通して、謎が生まれる、解決する、このサイクルは

子供に「音楽嫌い」を植え付けずに音符を受け入れさせる

いいきっかけになると思います。


今Termは「ト音記号」くんを使いながら

・遊びながら自分で1小節のリズムを作る→そのリズムを叩いてみる

・音符と休符の区別をつける

の2点に絞り、やっていきます。


Term2は、鍵盤ハーモニカを使って鍵盤の導入に入ります。

音符を色んなリズムで読めるようにしておくことで、

音符を高低で読む、この段階の助けになります。


リズムが読める+高低が読める=音符が読める、楽譜が読める

ことです。たくさんの世界が広がりますね!^^


来週は「秋」の歌を歌う予定です。

まずはこちら。

「虫の声」

この動画は、ちゃんと本物の虫の様子が見られるので(虫苦手な私には恐怖)

「まつむし」「すずむし」などわかりやすいと思います。


そして、この歌は「うたのほん」に入っていませんので

Googleドライブに歌詞・楽譜を入れておきます。

後ほど共有リンクをお送りしますので、必要に応じて

プリントアウトしてください。


「線路は続くよどこまでも」は、7月のコンサートで歌う予定ですので

引き続き、おうちで音源をきいて歌ってみてください☆彡





〈ひよこ②〉


昨日もキラキラした良い笑顔の二期生クラスに

たくさん元気をもらいました!^^

「やまびこごっこ」では随分と声が出るようになり

嬉しい驚きでいっぱいです。


さて、上の〈ひよこ①〉クラスのレッスンログで

「歌声を作る過程」について書きました。

・・・が、スクロールして、また戻って読んでもらうのは

大変なので以下にペーストいたしますね!


木の彫刻をつくる工程に似ている、ということで

歌声のそれと重ねてみましたのでご覧下さい。



①最初は無骨な木の塊(大きく声を出させる、躊躇なく声帯を振動させる)

     ↓

②削ってラフなフォルムを作る(音程の高低を把握させる、音を狙わせる)

     ↓

③もっと細部を削って全体の形を作る(どう声を出せばよく響くか、コツをつかませる)

     ↓

④やすりをかけて仕上げる(曲のイメージをくみ、フレーズ感をもって歌い上げる)



今、二期生クラスは上記の①の段階です。

場馴れして、躊躇なく歌えるようにする。

ピアノに合わせて歌えるようにする。

皆と歌えるようにする。


なので、まずは大きく息を吸って吐く。息を取り込んで声にする。

この当たり前とも思える動きを身体で覚えていきましょう。

お母様方の中には「うちの子は大きい声で歌うんですけど歌い方が乱暴で・・・(笑)」と

思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

最初は荒削りでも大丈夫ですので、まずは自由に。声を前に出していきましょう。

なので、音程のことはあまり気にしすぎないように

(②、③の工程で直していきます)

笑顔で元気よく歌えることを目標にしていきたいと思います。


あまりにも怒鳴り声に近い発声に聞こえるようであれば、喉をいためてしまうので

レッスン中に直していきます。

おうちでそういう声で歌っているときは、「一緒に歌おうよ!」と

お母さんが一緒に綺麗な声で歌ってあげてください。^^

歌声が混ざることの楽しさに気がついて、自然と音を寄せてくるはずです。


二期生は集中力が高く、歌も合奏も好きな子が多いようなので

得意をどんどん伸ばしていければと思います。^^

まずはレッスンでたくさん歌うことで、音楽を身体になじませていきましょう。


今週導入したドレミカード、初めてなのによくできましたね!

あと数回やって、音の順番をしっかり頭に入れていきます。

昨日はドレミ・・・の音階に合わせてカードをタッチしましたが

次回は変則的にピアノを鳴らします。

聴音(ソルフェージュ)の良い練習になります。

間違えても全然問題ないので、積極的にカードを並べてタッチしてみましょうね♪


来週は、二期生も秋の歌を歌います。

「まっかな秋」・・・うたのほんP.39

この動画は歌手の方も上手なのと、歌詞に合わせて

場面が切り替わるので「つた」「もみじ」など、詞を理解しながら

歌えると思います。^^ 


「うたのほん」では歌詞しかありませんので、この楽譜を

Googleドライブでシェアします。必要に応じてご利用ください。




KANADE Japanese Choir Auckland

声を合わせて歌うこと、それは心を通わせ音を紡ぎだすこと。 美しい音楽にのせた言葉は  大人になっても 心に生き続ける。