レッスンログ 8月26日

良いお天気に恵まれた今週の土曜日。

笑顔も歌声も輝かんばかりでしたね!^^


さて、8月最終週のレッスンログです。

〈ひばり〉


力強く、美しい、迫力のある歌声になってきたひばりちゃん達。

それぞれが意思を持った歌い方になり、指導にもますます熱が入ります。^^


日本歌曲3曲の通し練に入りました。

まだ慣れていないこともあり、歌詞(楽譜)に見入ってしまいますが

徐々に楽譜から顔を離し、前を見て、指揮や観客を意識する歌い方に

していきましょう。


日本歌曲を「聴かせる」ために意識して欲しいことは

その日本語の美しい響きです。ひとつひとつ、母音をもった音。

音符と一緒に動く母音をよく聴かせるためには、気を抜く、手を抜くところなく

歌い上げる丁寧さが必要です。

それをこれから磨いていきましょう。


「きみをのせて」ハーモニーの部分を全部取り終わりました。

加えて、この日はひよこ歌唱のレッスンにも入ってもらって

早速実践しましたね。

まだ自信をもって歌えるのには練習が必要そうですので

音源を聞いて歌ったり、ピアノで弾きながら叩き込みましょう。


「ハナミズキ」、合唱らしくなってきましたね!!!

良い響きが聞けるようになってきました。^^それぞれの良い声が

引き立っています。すばらしい!

来週以降も細かい箇所を直しながら、もっと洗練させていきます。

家での復習もぜひ欠かさずがんばりましょう。


再来週からPlay Inが始まるので、次回は「どんなときも」の音取り、

それから全体合唱の「怪獣のバラード」も入ります。

「ぼくらのうた」はユニゾンなので、ひよこ歌唱で一緒に音をとっていきます。


「どんなときも」はGoogleドライブで音源をシェアします。

聴いておいてください。^^




〈ひよこ①〉


リベルタンゴB部分、子供たちひとりひとりがとても努力を

してきてくれましたね!すばらしいです!

先生の前で緊張してうまく弾け(吹け)なかった子もいると思いますが

きちんと伝わってきていますよ。^^よく頑張っています!


おうちでは、練習した分だけ楽譜にステッカーを貼ったり、

花まるをあげたり、コメントを書いてあげたりして

頑張りをたくさん褒めてあげてくださいね☆彡


だんだんとできるようになってきている「ミファミファミ」、

アーティキュレーション(スラー、スタッカート)をつけると

ますます格好よく聴こえます。指は動いていますので、チャレンジしてみてくださいね!


伴奏と合わせる練習を何度も重ね、慣れていきましょう。

今週はおうちで、テンポの早い伴奏と合わせられるように練習して

自信をつけていきましょうね。


来週はいよいよ旋律部分(A)に入ります。

レッスンでもお話ししたとおり、運指として難しいものでは

決してありませんので、先入観をもたず、取り組みましょう。

レッスンで、メロディー部分を一緒にやっていきますので

無理に自宅で進めなくても大丈夫です。

前述のとおり、Bをまずは完璧に仕上げることを目標にしましょう。^^

Bはもう完璧!次に進みたい!という子は配布したAの楽譜を

ゆっくり読んでみてください。


一期生、とってもよく頑張っています!!

おうちでお母さんが一生懸命支えてくれているからだと

たくさん伝わってきていますよ!^^

そしてその支えあって、レッスンでの学びが生きて

1年で見違える程の成長を見せてくれています。

ママ、とってもWell Doneです!!



〈ひよこ歌唱〉


ひばりのお姉さん達も今週から一緒に入ってくれました。^^

前から先生の声、横からお姉さん達の声が聞こえると

自分も上手になったように感じて、いつもより声が出るようになる

子供たちです。^^おもしろいですよね。


さて、発声練習もかなり慣れて、いい声が出るようになってきています。

トレーニングを続けて、音階の感覚を身につけていきましょう。


「怪獣のバラード」はだいぶ慣れてきていますので

音の覚え間違いに注意して歌っていきましょう。

「きみをのせて」は二週目ですが、皆の大好きな曲ということもあり

覚えが早いですね!(笑)いい声がでてきていますよ!


おうちでは自分とお母さんだけの声ですが、レッスンでは大勢の声と

ピアノの生の伴奏がつきます。楽しんで慣れ親しんでいきましょう。

二曲共、ひばりクラスがハモりを担当、ひよこはブレずに旋律を歌っていきます。


次週からは、歌の席順(並び順)を決めて固定位置で練習をしていきます。

固定位置のメリットは、いつも同じ声が横から聞こえる、ピアノからの距離や

先生が見える位置、がいつも安定していることで、子供たちも精神的に安心を感じ

レッスン、本番の集中力を高めてくれます。

歌いやすい、歌いにくい、また、背の関係で調整はあるかもしれませんが

来週から椅子に名前を貼っておきますので、その席に座ってください。^^

(合奏の席順はまた追って決めていきます。)


次回、「ぼくらのうた」に入ります。

コンサートの1曲目をこの歌で飾ります。元気いっぱい、歌いましょう!



〈ひよこ②〉


楽器とお友達になれたかな?^^で始めた昨日のレッスン。

楽器を「長く鳴らす」というのはなかなか難しいものです。

どうしたら良い音かな、どっち向きに鳴らすとよく聞こえるのかな、など

自分のやりやすい形を見つけてみてください。^^


間違った奏法だったら、都度直していきますので安心してください。^^

まだ小さい幼児期の子供たちですので、プロのように鳴らせ、というのは

多少無理があります。身体に負担なく、いい音を聞かせられる工夫を

それぞれが、してみましょうね。


さて、昨日は実際に皆が取り組むパートの楽譜をそれぞれ一部抜粋して

見せながら、カウントの仕方、それからこれまでやったことも

思い出しましたね。


Term1でやったリズム練習(たん、うん、たーあー等)

Term2でのエーデルワイスで出てきた符点二分音符、

Term3では発声練習のときに必ず出てくる全音符、

そして同じくTerm3の最初でやった「とぶ」の複合リズム、

全ての要素がここで出てきました。


もちろん、忘れてしまったことも多くあると思いますが大丈夫です!!

復習をたくさん重ねてやっと身についていくものです☆

子供たちも「ああ、そうだった、前にやったな」と思えたら

それではなまるです!^^

こうして積み重ねていくことで、自分の力で「楽譜を読む」ことが

できるようになるのです。

音感を歌唱で、リズム感と実践をセオリーで、このように学んでいきます。


Term3から、ひよこ二期生はセオリーブック(MTB1)を配布していますので

レッスンでやったところがMTBにあったら、ぜひおうちで復習してみてください。^^


さて、話は戻りまして「おもちゃのシンフォニー」。

いざ手にした子供用の楽譜には、ちょうどこの日のレッスンでやったことが

並んでいたと思います。^^

子供たちも「今やったからわかるー!」の第一声でしたね!すばらしい!

まずは区切って取り組んで行きましょう。

来週までにA~Bの終わりくらいまで、チャレンジしてみてください。

出来そうな子はもっと先に進んでくれていいですよ。^^


カッコウ笛は昨日時間が取れませんでしたが、楽譜上でみるととても難しく感じます!

目からではなく、耳からおぼえる「カッコウ、カッコウ、カッコウカッコウカッコウ」

の音色をまず頭に入れて、その後楽譜を見て目で一致させましょう。


長く鳴らす打楽器(ラチェットのパート)はとにかくf(フォルテ)で

長く鳴らす練習をします。


長く「吹く」楽器(水笛)は、息がなくなったら吸う!吸ってまた吹く!

のくりかえしですので、入るタイミングと終わるタイミングを逃さないように

注意しましょう。


ラッパ、太鼓のパートですが、現在ラッパを新調中ですので

まずは太鼓のリズムをものにしていきます。

「とーんだ たん」「とんでる とんでる たん」など

口で言ってみて、叩いてみる。の練習をしてみましょうね。^^


足りないパートはひばりクラスの子達が補ってくれます。

たのしい「おもちゃのシンフォニー」にしていきましょうね!















KANADE Japanese Choir Auckland

声を合わせて歌うこと、それは心を通わせ音を紡ぎだすこと。 美しい音楽にのせた言葉は  大人になっても 心に生き続ける。