レッスン Vol.6 〈8月6日〉


8月に入りました。

ニュージーランドの暦の上ではまだまだ冬のはずですが、

近頃は外を歩くと木蓮の木に花が咲いているのが見えて

早春の気配を感じますね。^^


さて、レッスンログをお送りします。




〈ひばりクラス〉


前回も書きましたが、回を重ねるごとに

音域も声量もあがってきましたね!

しっかりとスタッカートでお腹の力を使えていたり、

自分の一番美しい声を意識できていたり、と

素晴らしい成長を感じます。


今日は二部合唱の導入の第二回目で、初めて

二部に分かれてハーモニーを実際に作ってみました。


輪唱、と呼ばれる合唱では

同じ旋律を時間差でかけあう面白さがあります。

いつも発声練習としても歌っている「やまびこごっこ」の輪唱、

1,2番に比べて、3番のかけあいは少し難易度が高く

苦戦していましたね。^^


小さい頃から耳慣れている「かえるのうた」でさえ

実際輪唱をしてみると、うまくハモれなかったり

違う音を歌っていたり、早くなってしまったり、遅くなってしまったり・・・

思いのほか難しい!ということを実感下と思います。


とにかく、トレーニングを重ねることで合唱は上達していきます。

何度も歌い、身体が覚える音、耳で聞ける音、感覚で感じる音、

いろんな音になれていきましょうね。^^


今日レッスンをお聞きになったお母様方も

お気づきになったかもしれませんが、

「夢の世界を」のユニゾン部分、とてもいい声で歌えていましたね!!

これは私、今日一番嬉しかったことです!!

成長を実感した、といいますか、「歌の声が洗練されてきた」のを

肌でビシビシ感じました。泣きそうでした。


コンサートに向けて頑張っていきましょうね!






〈ひよこクラス〉


生徒さんが増えて、とっても賑やかになった

ひよこクラス。

だんだんと先生のお顔を見るのにも

慣れてきてくれたかな?^^


新しいお友達が多いので、一つ一つ丁寧に

繰り返しながら音やリズムの練習をしていきましょう!


今日も、いつものウォームアップ、

①和音を聴いて動くリトミック

②「やまびこごっこ」と「ドレミの歌」

で、子供の気持ちをレッスンモードに切り替え、


先週から導入した「ドレミカード」を使って

音階を並べる練習、そして今日はその並べた音階を使って

「ドレミカルタ」をしました。


この「ドレミカルタ」は、ピアノの音(と私の言う「階名」)

を聴いて、その音のカードに手を当てるゲームですが

今日の音は

♪ど ど そ そ ら ら そ

そう、「キラキラ星」でした。


こうして、音の名前と実際の歌を結びつけていくこと、

音階を組み合わせて音楽になる、というのを

感覚的にわかってくることを

狙いとしています。


ひよこクラスでは「ABCのうた」と

認識されていた「キラキラ星」ですが

今日は日本の歌詞で歌ってみて、また一つ成長しましたね^^


そして、今日初めてやってみた「言葉カード」ですが

思ったよりも難しかったですね!!!汗

もう少し皆がウンとタンと仲良くなってから再チャレンジ

してみたいと思います!(笑)

でも、おうちで物の名前とリズムを組み合わせて

手を叩いてみるのはとてもいい練習になるので

「これなんだっけ?」「は・さ・み(タンタンタンウン)」

など、やってみてくださいね!^^


次回の歌は「うみ」です。

日本の古くからある代表的な童謡ですね。

ゆったりとした三拍子の心地よさを感じながら

一緒に歌いましょう。^^




来週も元気いっぱいのお顔を見るのを楽しみにしています☆彡

良い一週間をお過ごしください。

KANADE Japanese Choir Auckland

声を合わせて歌うこと、それは心を通わせ音を紡ぎだすこと。 美しい音楽にのせた言葉は  大人になっても 心に生き続ける。